Open Nav
0267-92-4588(昼間)
0267-92-2661(夜間)
ホーム >  井公建築の仕事 >  事例集・間取り >  天然素材にこだわった老後にもやさしい平屋の家
天然素材にこだわった老後にもやさしい平屋の家 高ヒット
2017/10/3 15:25 投稿者: mamedaiku (記事一覧) [ 343hit ]

定年後、田舎に永住という形もありますが、年をとっても快適に
過ごせる半永住型、 半別荘型スタイルの住宅もいいかもしれま
せんね。今まで過ごしてきた土地(家)と行き来しながら、静かな
所でゆっくり過ごしたり、 畑を作る生活もできます。 野山で釣りや
山登り、山菜採りやキノコ採りに 楽しんだりするのもいいですね。

今回は、首都圏にお住いの60代のご夫婦からの依頼でした。
将来的に、旦那さんは永住希望、奥さまはとりあえず行き来する形で。



<ご希望>
お二人の定年後のセカンドハウス的で、25坪程度の新築の平屋。
ボードやクロスを使わず天然木を使用し、梁組みも見せたい。

外観の壁はサイディングで、屋根は瓦という住宅風に、
内装は別荘(山小屋)風です。

●天然素材にこだわる  
①リビングの天井は、見せ梁   
大きな丸太の梁を出して、天井板は垂木の下へ直に貼ってあります。


②建具・家具
・オリジナルの木の風除扉


・リビング側は木製で、和室側はふすまでと、特注で建具屋さんに依頼し造って もらいました。


・台所の食器棚は、場所に合わせ大工制作によるものです



・一枚板のダイニングテーブル 家具屋さんを回っても見つからず、
大工が制作。 椅子は、気に入ったものをお店で購入していただきました。


・掘りごたつ・・・和室に収納式で制作  
 

③天井・壁・床はクロスやボードを使わず、すべて無垢の板張り。
トイレや脱衣場も 板張りです。    


和室の壁は、京壁にしました。  


④リビングに薪ストーブ    
天然木を無駄なく使うことができ、火のもつあたたかさを存分に感じられる。    
リビング中心に熱を各部屋に送れる。



●主婦の立場から  
①北側のキッチン・風呂に窓を取り付け、明かりとり&気分UP。   
景色を見ながらお料理を作ったり、入浴できたりで、心の健康にもよいかな。   
北側は斜面になっているので、眼下の景色独占。  



②寒さや建てた後のランニングコストを抑えるように、薪ストーブのある
リビング中心に、 台所・リビングオープンに。
薪ストーブのあたたかさも家全体に広がり経済的。   

玄関に風除扉を取り付け、二重サッシで寒さ対策もよりUP。   

天井扇で空気循環。  


③漬物や野菜、保存食も収納できるよう、勝手口からも入れる収納室(床下もあり)
を 作りました。 普段使わない台所・住宅用品も閉まっておけ、キッチンやリビングも
すっきりしておけます。  



各部屋のクローゼットの棚板も要望を聞き、高さを合わせました



●年をとっても住みやすいように  
①足をのばせる大きめ浴槽と、ゆったりの洗い場にした浴室(ユニットバス)  



②電磁調理器  
③平屋でバリアフリーに 

他の記事もご覧ください ( 9  件):     1 ..  3  4  5  6  7  8  9    
最新ニュース